菊池はるみ執筆[佐渡島の野草研究家]

ナズナ(ペンペン草)の特徴

ナズナ

1.ナズナとは

ナズナの絵

ナズナとはアブラナ科ナズナ属の中形越年生草本です。イネ科の渡来に伴って日本に渡来した史前帰化植物で、畑・農道・田のくろなどによく生えています。雪消えとともに野に見られるロゼット葉は撫で撫でしたいようなかわいい姿。“撫づ菜“の名はここから生まれました。

花は十字花で、果実は倒三角形で「ペンペン草」とも呼ばれます。実の柄を茎からちょっとはがして、振るとかすかにカラカラ、ペンペンと耳元をくすぐります。子どもたちはカラカラ遊びと名付けて、よく遊んでいます。

2.ナズナは春の七草の一つ

春の七草

ナズナは春の七草の一つです。『佐渡志』(1816)という書籍にはナズナ・セリ・ハコベ・タビラコ(ホトケノザ)・アブラナ・カブ(スズナ)・ダイコン(スズシロ)が江戸期の「佐渡の春の七草」であったと記されています。現在でも七草を全部集めるのは難しいかもしれませんが、ナズナ・セリ・ハコベ・カブ・ダイコン・豆腐・こんにゃく・ゴボウなど七品を入れての七草粥を作る家が相当あります。

ナズナは珍しく淡泊で灰汁抜きの必要がありません。塩をひとつまみ入れた熱湯で軽く茹でると鮮やかな緑に仕上がります。ひたしもの、あえもの、ゆがいたナズナに塩をまぶしての一夜漬けは酒の肴やお茶漬けにおすすめです。淡泊で素朴で土の香りがする野の菜です。

『佐渡山菜風土記』引用