菊池はるみ執筆[佐渡島の野草研究家]

【冬の野草一覧】冬に咲く山野草を紹介

[目次]
 1.赤い冬の野草
 2.白い冬の野草
 3.黄色い冬の野草

1.赤い冬の野草

アロエ

アロエとは南アフリカのケープ・ナタール・トランスパール地方原産の多肉草本です。「アロエ」はツルボラン亜科アロエ属の植物の総称で、“苦味のある”という意味です。多肉の葉を食べると苦いです。アロエの特徴や効能について詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

2.白い冬の野草

シロバナタンポポ

シロバナタンポポとはキク科タンポポ属の多年草です。頭花が白色なのでシロバナタンポポと言います。健胃・利胆・解熱・強壮の効能があると言われています。催乳の目的でも食べられました。シロバナタンポポの特徴や効能について詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

3.黄色い冬の野草

ツワブキ

ツワブキとはキク科ツワブキ属の常緑多年草です。初冬11月ごろに咲く黄色の頭花は散房花序です。ツワブキの大きいものは葉の幅35センチ、抜き出る花茎は65センチ、花は房となって20花もつけます。ツワブキの特徴や効能について詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。